2017年09月15日

人の死について

人間は殆どの人が、「死」については忌まわしいこと、恐ろしいことと思っています。
確かに仲の良かった身内や友人などが死ねば、悲しみが訪れます。もちろん、殺害されたり事故にあったりして死亡すれば、残された人の悲しみはとてつもないことになります。
しかし、霊的な真理を知れば、「死」は決して忌まわしいことではなく、むしろ喜ばしいことであることが解ります。もし、自分が不治の病にかかったとしても、死に対してはかえって喜ばしいことでもあるのです。もちろん自殺はだめです。自殺は自分の勉強のための人生を途中で放棄してしまうからです。自殺した人は良い場所には行けません。

人は肉体をまとっている時が一番つらいときなのです。物理的な肉体をまとっている場所が一番の最下層です。ここで色々なことを勉強するために生きているといってよいでしょう。肉体の死によって魂は自由になれるのです。そして肉体をまとっている場所では良い人、悪い人、好感の持てる人、嫌な人・・・いろいろな人と接触しなければなりませんが、肉体を離れれば自分と同じレベルの人のいる場所に行くことができます。ここでは争いごとなどありません。

ただ、人間として悪いことをしたり、人に対して悪いことをした人や殺人を犯した人たちは死んでもそういう人ばかりがいる最下層の世界に行くことになります。ただ、こういう人たちも救いの道はあるようです。霊界の上の人たちが導いてくれるからです。だから、というわけではありませんが、人は利他的なことをした人ほど上の世界に行けるということです。

これは本当の事です。こんなこと信用しない人も多いと思いますが、真実なことなのです。もちろん私もこんなことは信用していませんでした。でも、ある時期からこのようなことを教授されている方々のサイトや本を読み真実であるということがわかりました。肉体の死により自分が死んでも意識があるので、唯物的な科学者の方などは自分が死んだことがわからない人もたくさんいるようです。皆さんも「肉体の死」ということ決して忌まわしいことではない、喜ばしいことなんだ・・・と思えるようになれば人間としてもっと楽に生きられるかなと思います。

op23F-6.JPG

ラベル:人間の死
posted by Aregro at 11:30| Comment(0) | 精神世界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月18日

お墓って大切ですか・・・

お墓って、身内が死んだ場合に必ずそこに埋葬するのが今の人たちの現在の基本的な考えですよね。高齢の人でもこれから死ぬような人たちも、「無縁墓などに埋葬されるのは嫌だ」などと思っている方が多いです。

お墓ってそんなに大事なものなんでしょうか?お墓には通常死んだ人の骨が埋葬されますが、肉体が死ぬと人間の肉体は単なる死骸です。人間の魂は肉体が滅べば別次元な世界へと行きます。このことがわかっている人は少ないのではないでしょうか。だからお墓の前で手を合わせて祈る人が多いですよね。新しくお墓を作るためには、お寺さんや仏教関係の会社やお墓を作る会社などに頼まなくてはなりません。これには結構なお金もかかります。お寺さんやこういう会社のお金儲けの手段でもあります。

以前も書きましたが、「千の風になって」という歌詞の一部に「私のお墓の前で泣かないでください そこに私はいません 眠ってなんかいません」まさにそのとおりです。インドでは死んだ人の骨は川に流してしまいます。これは死んだ人の魂が別な世界へ行くという認識があるからだと思います。

皆さんも人間が死んだらどこへ行くのか・・・・・ということを考えてみませんか・・・・・

ne.170-22.jpg
ラベル:お墓
posted by Aregro at 18:05| Comment(0) | 精神世界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月16日

人の心

いつも同じようなことを話しますが、最近テレビや新聞で話題になった中学生の女の子の自殺。これはいじめが原因だと言うことですよね。なぜ、こんな可愛い子がいじめられるのか?・・・・・これは僻みや妬みが原因だと思いますね。この子、とても可愛い子で、しかもピアノを習っていてピアノも相当上手かったようです。いじめた子たちは自分よりも可愛くてピアノも上手いということがひがみやねたみの感情をもたらしたのだと思います。

人は、特に魂レベルの低い人達は自分よりも優れていたり、自分よりも良い生活をしている人と自分を比較して妬み心や僻み心を抱いてしまうんですね。これはある意味仕方のないこととも言えるんですが、これは大人の世界でも同じです。これで大人の世界でも相手を攻撃したりする人がいます。しかも陰湿なことをする人もいます。こんな人たちはまた別の人生で自分がまたいやな人生を送ったり、つらいことを体験したりもします。人は良い心を持てば良き事が帰ってきます。このことを分かって欲しいですね。

ne.no_sd.jpg
posted by Aregro at 16:06| Comment(0) | 生き方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月08日

原発事故避難の子供へのいじめ

福島の原発事故で避難して来た子供に「菌」と言ったり、「賠償金ただで貰ったんだから、遊ぶ金もってこい」などといろいろないじめ受けていることが話題になっていますが、なぜこんな低劣なことが起きるのか・・・・・これもすべて子供だけの判断ではないと思いますね。いじめを始めた子の親の責任。親がそもそもこういったことに対して偏見を持っている上に、賠償金まで貰っていい思いしているなどと、愚劣なことを子供に話しているのだと思います。

どうしてこんなことで差別を受けなくてはならないのか?管理人の私にはまったく理解できない話ですが、現実には起きていることなんですよね。新潟に避難した小学生の担任教師まで避難してきた子供を「菌」などと呼ぶ・・・・・あまりにレベルの低い出来事で驚いています。しかもこの教師、冗談で言ったとかいろいろ言い訳をして往生際が悪い。こんな人間が、勉強だけではなく人間としての倫理や品格を教える小学生の教師をやっているということもあきれてしまいます。

今の世の中「お金」偏重、金のある人が勝ち組、ない人は負け組みなどという低レベルな発想、しかも日本人は農耕民族的観念がDNAに入っていて、大勢の人と違う人間は排斥する、差別する、この意識がこういったいじめを起こすのだと思います。いじめをしたくない子供もそこに加担しないと、今度は自分がいじめられる・・・そう思うと嫌でも仲間に加わる・・・全く負の連鎖です。こういった差別問題は昔からあるけれど、日本人の魂レベルも最近下がってきているような気がします。

こういうことで不登校になるのはいたし方ないと思います。そんなくだらない人間のいる学校など行かない方が身のためです。横浜でいじめにあった中学生は「死にたいと思ったけど、皆たくさん死んでいるのだから、自分は死なない」と決断しましたが、何と健気で勇気のある決断だったのかと感心します。人間のレベルは皆違います。それが今生での勉強でもあるんですが、個人が自分でわからないといじめ問題などなくならないと思います。子供をもつ親の方はもっと人間にとって大事なことは何か・・・と考えて欲しいですが、これも低いレベルの人は今生では無理だと思います。もちろん中には思い直す人もいるでしょう、少しでもそんな人が増えてくれたら良いなと思います。

ne.56-5.jpg
ラベル:いじめ
posted by Aregro at 12:33| Comment(0) | 話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする