2014年01月21日

子供は親を選べないって・・・本当ですか?

よく、子供は親を選べないからね・・・ということを言う人がいます。
また、世間の大半の人はこう思っているようです。でも本当でしょうか?

管理人は逆だと思っています。「親は子供を選べない」

ええ〜〜!と思うかもしれませんが、確かに物理的には父親の精子と母親の卵子が
結びついて人間の個体が発生します。でも、ここにはまだ真の意味でのスピリットが
ありません。この母親の母体に発生したばかりの頃にこの肉体に魂が宿るのです。

この魂はどこからくるのでしょうか?いわゆるあの世、アナザーワールドからです。
このことを転生といいます。肉体が死んでその肉体から抜け出た魂は永遠に消滅する
ことはありません。自分の魂が成長するためにまた新たな肉体に宿りこの不自由な
思いどおりにならない重い肉体をまとい地上での生活を始めるのです。

この地上は魂の修行の場なのです。じゃ、なんでほんのわずかしか生きないで
死んでしまう子や、それこそ虐待親のようなところに生まれてくる子もいるのか
と思いますよね。確かにそう思うのは当たり前だと思います。でもこれも意味が
あるのです。虐待親は実は自分とかかわりのあった魂の人間で、その魂をめざめさせて
あげるために、あえてそういう親のもとに行ったり・・・あるいは自分の人生の
子供のうちだけやり直すためにちょっとだけ地上世界にもどったり・・・
理由はいろいろです。

子育て支援サイトのようなサイトに次のような断定的な
ことが書いてありました。

子供は親を選べないんです。
その事実をもう一度思い出してください。


本当にそれは事実なのですか?何を根拠にそうおっしゃっているので
しょうか?と、思わず言いたくなってしまいます。こういうところでこのような
事が書いてあると、たいていの人はそう思ってしまいます。でも、本当のところは
違うのです。

こういうと「なんでそんなことがわかるんだよ、あんた経験したわけじゃないだろ」
そうですね、ただ私には若干の奥深いところにそんな記憶がおぼろげながらあります。

また、最近現役の産婦人科の医師、池川明さんという人が
「子どもは親を選んで生まれてくる」(日本教文社刊)という本も出しています。

また、この著書を読んだ僧侶の方がブログでやはりこのことについて詳しく書いて
います。http://urx.nu/6kGx

興味のある方は読んでみてください。なぜ、子は親を選んでうまれてくるのかという
ことが分かりやすく解説されています。だからどんな親の元に生まれてこようが
自分で選択して生まれてきたのですから、親の事を恨んだりしてはダメなのです。
そこから何かを学び取る、あなたの魂の修行だと思って頑張ってください。
ラベル:子供 人間の出生
posted by Aregro at 15:42| Comment(0) | 精神世界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする