2014年12月14日

生と生のはざま

生と生のはざま・・・生と死のはざま、という言葉は聞いたことがあるかもしれませんが、ちょっと聞きなれない言葉かなと思います。「なまとなまのはざま」とは読まないでくださいねわーい(嬉しい顔)と冗談はさておき、これは現在生きているこの物質世界から肉体が死んで、また、またこの不自由な肉体へ転生するまでの間、いわゆるあの世のことなのです。「輪廻転生なんかありえない、人生1回きり、死んだら無だよ」と、こう思っている人はこれから先書くことは読まないでください。

いつも言っていますが、こういう話をするとすぐ宗教だ、新興宗教だ、という人がいますが、宗教ではありません。宗教は人が作ったものです。また宗教は自分たちの主義主張に反するものは排斥しようとします。宗教戦争がなくならないのもそのためです。これも人間が勝手に自分たちの都合の良いようにアバター達の教えを歪曲してしまったからなのです。キリスト教にしてもしかりです。まずいろいろな流派があると言う事が不自然ですよね。イエスは神ではなく、もちろん非常に進化した魂であったことは間違いありませんが、イエス・キリストを全能の神の子に仕立て上げ、都合の良い部分だけ自分たちの教義にしてしまったのも人間です。

 ちょっと前置きが長くなりましたが、このイエスも人間が死ぬとまたこの世に転生しなければならないと言っていました。但し、これもイエスの死後歪曲されて、キリスト教では死んだら天国か地獄へ行くしか選択の道はないとなりました。そうではないのです。肉体が死ぬと魂は中間生(バルド)というアナザーワールドへ行きここで次の転生への準備をします。もちろん、ここは休息の場所でもあります。ただ、ここでは前回の生で果たせなかったことや、自分を成長させるために今度はどんな境遇に生まれるかなど、指導者ともいえる進んだ人達(霊)からアドバイスをを受けます。ただ、強制はされないようで、最後はやはり自分で決めます。この辺のことは医学博士で哲学博士でもある「ジョエル・L・ホイットン」という人の研究を紹介した本に詳しく書かれています。但し、進化の初期の魂は中間生でも眠ったような状態ですぐに未進化な肉体に転生してしまうようです。しかし、少しでも自分の人生について疑問や迷いを感じた人はなんらかの課題を持ってこの世に生まれてきているのだと思います。

私達のおかれた境遇は決して偶然のなせるわざによって決められたことではないのです。私たちはこの中間生で選択したことを体現しているわけで、今置かれている境遇は誰のせいでもないのです。自らの魂の向上のために自ら選んだ生(ストーリー)なわけなので、そこから何かを学びとらなければならないと思うのです。自殺という行為はこの宿題を放棄してしまうことですから、肉体が滅んでももっとつらい思いをしなければならなくなります。自ら選んだ生なのですから、受け入れて寿命がつきるまで、ポジティブに生きてゆくのが大切だと思います。与えられた寿命をまっとうすれば、再び光り輝くアナザーワールドへ帰ることができます。死は少しも怖いことではないのです。また、今生でも一人きりになったとしても、目には見えないかも知れませんが、見守ってくれている人たち(肉体は無いので普通の人には見えませんが)がたくさんいます。決して一人きりではないということを思い出してください。死は忌まわしいこと・・・と思われていますが、自殺以外の死はむしろ喜ぶべきことなのではないかと思います。

PH02003.jpg
posted by Aregro at 22:38| Comment(0) | 精神世界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする