2016年03月19日

ショーン・マクアードル川上氏の学歴詐称問題に関連して

ショーン・マクアードル川上氏の学歴詐称が話題になっていますが、一般人はこういうことがあるとすぐに「やっぱり彼の発言は素人ぽかった」とか自分でわかりもしないのに言う人が多いですが、脳科学者の茂木健一郎氏は彼と同じ番組に出たときのことを話していましたが、「彼は話しは分かるし、とても見識も高かった」とおっしゃっています。こういうことがあったので、茂木先生曰く、確かに学歴詐称は良くないことではあるけれど、彼の過去の発言まで評価を下げるのはおかしいとおっしゃっていました、また、茂木先生は自分は人の言うことや書いていることを評価する時は学歴や経歴などは白紙にして考えるとおっしゃっています。この考えは素晴らしいですよね。さすが、と思いました。

で、何が言いたいのかと言うと日本人と限定して言うわけではないのですが、日本人って学歴や経歴を重視する、まあこれは多少はしょうがないとしても、マスコミなどの言うことを鵜呑みにして、その気になってしまうという人が多い、自分で判断が出来ない人が多いということです。確かに自分で判断をするということは難しいことです。ならば、付和雷同的な発言や行為は慎むべきだと思いますね。私の間接的な知り合いでも単なる事故なのに刑事事件扱いにされて起訴された方がいますが、これがニュースになると完全に悪者扱いをしてしまう人が多かったといいます。マスコミだけではないですが、他人のうわさ話なども、鵜呑みにはしないことが肝要だと思います。
ラベル:学歴詐称
posted by Aregro at 12:08| Comment(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする