2008年10月08日

緒形拳さんの死

緒形拳さんが亡くなられましたね。

私も大好きな俳優さんでした。

自分のやりたいことを一生やりぬき通す・・・
こういった自分の天職ともいえることを
死ぬまでやり続けることができた人は、
つくづくしあわせだなぁ・・・と思ってしまいます。

もちろん、ご苦労はあったと思います。
でも好きなことなら、頑張ることが
できますよね。

身近な人や、緒方拳さんのように好きだった人が死ぬと
必ず思うのですが、死んだら肉体は当然消滅するけど
魂ってどこへ行くんだろうか・・・
魂なんて本当はあるんだろうか・・・って
自分が死んでみなければ、わからないですね。

以前、池田晶子さんが、
魂ってあると思っていたほうが、死んだ時
アアやっぱりあったんだ、
なければ死んだら終わり。
わからないし、そういう考えでよいのではないか
というようなことを書いていましたが、
それでいいのかなと思います。

魂があったってそれに意識があるとは
限らないし・・・・・

でも、お墓の中には死んだ人はいないのは
確かなようです。

「千の風にのって」の歌詞に
お墓の中に私はいませんっていうくだりが
ありますよね。

緒形拳さん

ご冥福をお祈りしたします。

合掌・・・・・




posted by Aregro at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。