2008年10月19日

自然の造形2

yamamayuga.jpg

ヤママユガです。

山地や低山の雑木林に普通にいる大型の蛾です。
羽の目のような模様は、鳥などの天敵を驚かし
威嚇して身を守るためのようです。
怪獣映画のモスラのモデルはこの蛾だそうです。

成虫は何も食べません。
食べるための口もありません。
1週間ほどで死んでしまいます。

こういう生き物を見るにつけ、
なんのために生きてるんだろう・・・・・
って思いますが、そう思うのは
人間の傲慢さかもしれませんね。

成虫が抜け出た繭からは
美しい絹糸がとれます。


posted by Aregro at 18:59| Comment(1) | TrackBack(0) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
羽の目に
ジッと見つめられている
錯覚に陥ります。
「食べるための口がない」
という点に
胸を衝かれました。
潔い一生ですね。
Posted by なぎ at 2008年10月24日 11:34
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。