2008年11月06日

男と女が異性に求めるものの違い

Alphonse Mucha 夢想 1897.(64.0×47.5cm).JPG

アメーバニュースというところに次のような
記事がありました。
ちょっと長くなりますがそのまま引用します。

男と女が異性に求めるものの違い 男は女を顔で選ぶ?
11月02日 11時28分
コメント(418) コメントする  男女の異性に求めるものの違いについて語った「はてな匿名ダイアリー」のエントリーが注目されている。書き込んだ筆者は女性と思われる。

「回復!スパスパ人間学」というテレビ番組で、男は美人と普通の女性の2人に同時に助けを求められたら10人中10人が美人の方を助けた、という実験結果が紹介された。男は女を顔で選ぶが、女は本能的に頼れる人間性を男に求めている、という内容だった。

 このエントリーの筆者はこうした結果から、男の方が異性選びや言動に関して次元が低いと述べている。「どうせイケメンのほうがいいんだろ」という負け惜しみは、顔にこだわる男が言うべきことではない、という。それにひきかえ、女はネット上で男を批判するようなことはしない冷静さを持っていて大人だという。

 このエントリーに対して「男の方が露骨。他に評価軸持ってなくてそれしか思いつかなかっただけじゃないの?」「一般的に言って男のほうが面食いだよ。美男子×不美人なカップルよりもブサイク×美人なカップルのほうが多いよ」と賛同する声や「こんな実験から男はああだこうだ言われても」といった反論や「そもそもこの元記事になってる統計の確かさの方が疑わしい」という根拠への懐疑も挙げられ、賛否両論のようだ。


男と女が相手を見るとき、最初は確かに男も女も
第一印象は外見でしょう。

自分の好みの外見の異性と言うのは皆あると思います。
しかし、上の記事のように男は女を顔で選ぶ・・・・
これではあまりに一面的過ぎます。

最後はやはり性格とか、趣味嗜好とか総合的に考えるのが
通常だと思います。また人を好きになったら相手が
どんな顔とか客観的な判断は、もうこれはどうでも
よくなるのではないでしょうか。

好きという感情は不思議なもので、分析しても
よくわからないと思います。
好きだから好きなんですよね。

人を好きになれば「あばたもエクボ」
「蓼食う虫も好き好き」とか・・・・
こうなるのが人の常。
他人は介入する余地がなくなります。

引用した記事は本当に人を好きになる
前の話という前提ならわかる話。


posted by Aregro at 00:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。