2008年12月15日

菊池桃子ちゃんのお子さんのこと

ちょっと今日は当サイトにしては変ったタイトルで
どうしたのかと思われた人もいるかもしれませんが、
別に奇をてらってこんなタイトルにしたわけじゃないのです。


昨日のフジテレビ「笑っていいとも」増刊号で
テレフォンショッキングのゲストに出ていた菊池桃子ちゃん。
ちゃん付けで呼ぶ歳じゃなくてもう40くらいなのに
あんまり昔と変らないですね。もともとすごい美人と
いうわけではないので(失礼)どうでもいいといえば
どうでも良いタレントさん。(これまた失礼)

でも、この息子さんの話がすごく興味をひかれました。
はじめ桃子ちゃんの息子が小学生なのに体が大きいと言う
話しからタモリがそりゃ絶対にスポーツをやらせるべきだ
などと発言。

でもその後の彼女の話。彼女の息子さん
「全国の速読コンテスト」
なるもので優勝したらしいんですね。彼女曰く
息子さんが本を読むときは左ページ、パラ(2、3秒)
右ページ、(パラ)(2、3秒)で読んでしまう。
でも実はこれ、読んでいるんじゃなくて写真のように
ビジュアルに記憶してしまうみたいなんですね。

これを聞いたタモリが
「そりゃすごい!スポーツなんかやらせてる場合じゃない!」
でも、この能力管理人もけっこう聞いたことがあるのです。
勉強をあまりしなくてもものすごい秀才がいますけど、
少なからずこの能力があるみたいです。

ムツゴロウさんが学生の頃そうだったみたいで、
高校1年の時3年分すべて学習してしまって、あとの2年は
ほとんど遊んでいたみたいです。これ、本当の話です。
管理人の身近にいる女性も子供の頃若干この能力が
あったみたいですが、長じてからはほとんどなくなった
と言っています。でも、彼女もずっと秀才ではあった
みたいですけどね。

管理人もこんな能力が欲しい!でもこれは無いものねだり
というものです。
平凡な能力の人はやはり努力しかないようです。

頑張ろう!世の中の平凡能力人(笑)

人生のお役立ちキーワード集

         
            


posted by Aregro at 00:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。