2009年01月10日

お笑い御三家

久しぶりのカキコです。

いきなりですが、
お笑い御三家って知ってますか?

タケシとタモリとサンマのことを言うらしいのですが、
三人ともお笑いから入った人たち?なのでこう言うのだと
思います。

この三人が良く比較されるけど、タケシは今やお笑い人と言うよりは
映画監督や俳優として高く評価されています。毒舌の入った
コメントも面白いし、才能のある人ですね。

タモリ、この人は言うまでもなく多芸多才。何をしゃべらしても
面白い。当意即妙の才にたけていることは誰もが認めるところで
しょう。頭の回転が速く頭も良い。「笑っていいとも」などで
時々チラリと見せる「芸」もやっぱり面白い!
この人は音楽、特にジャズにもものすごく造詣があって、
評論家の故、植草甚一氏の膨大なジャズレコードのコレクションを
すべてタモリに託したということからもタモリの薀蓄が伺えます。
最近CDも出したみたいですが、これはちょっとご愛嬌かな。

タモリを世に出すためにバックアップをした人が
赤塚不二夫と世界的なジャズピアニストの山下洋輔氏というのも
すごいですね。彼らの慧眼にも驚くべきものがあります。

赤塚不二夫氏の葬儀ではタモリは弔辞を書いた紙を持って
いたように見えましたが、あの紙には何も書いてなかったそうです。
原稿なしで読んだということですね。
笑っていいともがギネスの記録になるような長寿番組なのも
タモリあってのことかもしれません。

これにひきかえこの三人の中ではサンマだけはどうしようも
ないという気がします。話は面白くないし、うるさいだけ。
面白さだけだったら島田伸介のほうがダントツで面白い。
さすがにサンマは最近あまりテレビにも露出していないよう
ですが、当然のような気がします。

ちなみに山下洋輔氏の「ピアニストを笑え」などの
エッセイにタモリが突然山下氏等の宿に出現した時の
話が臨場感豊かに書かれています。
山下氏は文才もあり、シリーズもののエッセイも
すごく面白いですよ。一読あれ。

今日は芸能談義でした。
                
       


ラベル:お笑い御三家
posted by Aregro at 16:23| Comment(0) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。