2011年03月18日

今日で大地震から1週間

今回の大地震が起きてから今日で1週間目。

不眠不休で救助活動をしている、自衛隊や警察の人々、世界各国の
支援の人々、不自由で劣悪な環境の中で、皆でいたわりながら
避難している人々、そんな被災者に暖かな手を差し伸べている
被災地の人々、危険に身をさらしながら、原発事故の回復に努めている
東電の職員や自衛隊の隊員達・・・

このような人達には本当に頭の下がる思いです。

そんな中で、一方被災地ではない地域の住民が日用品や食料品の
買占めをしているという。今日ちょっと用事があって車を出しましたが、
地下鉄の一駅区間くらいの車の列・・・何事かと思いきや営業している
ガソリンスタンドに並ぶ車の列でした。普段は、ほとんど車に乗らない人も
ガソリンを入れるために並んでいるという。

大手スーパーの大型店も、平日ならほとんどガラガラの午前中に
食料品や日用品を買いだめするために、ごった返しているという。
恥ずかしくないのかな・・・と思います。

一方では自分も被災したのに、被災者のために働いている人が
いるかと思えば、自分の快適な生活を守りたいがために、身勝手な
行動をする人達、義援金詐欺などというのは言語道断にしても、
このような人達が多いのはとても残念です。

周囲に煽られて集団心理が働くのは止むを得ませんが、少し冷静に
考えればわかるはずだと思います。東京や神奈川には充分に物資の
流通があります。このあたりが人間の資質、人間としての品位
ということなんですね。

買占めの強制的な制限ということも、枝野官房長官も言ってましたが、
これは、財産権の制限ということになるので、まず実際には無理でしょう。

被災地の劣悪な環境で頑張っている人たちのことを考えて、
このような身勝手な行動は慎むようにしましょう。

と私などがブログで言っても効果は無いと思いますが、
言わずにはいられない・・・・・・。

 
 


 

posted by Aregro at 00:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。