2013年05月14日

宗教って?

最近このブログでも書いているようなことを見ると、すぐ「宗教」と思ってしまう人が多いようですが、前記事でご紹介した矢国さんのサイトも宗教とは一切関係ありません。この世の摂理、真理を世の中の人に少しでもお分かり頂けたらということでお伝えしていることなのです。

宗教という言葉が出たので、ちょっとこの宗教に付いて考えてみたいと思いますが、特に弊害があるなと思われるのは新興宗教。かなりの数があります。但し、どこも無知蒙昧な信者から高いお布施を取って運営していて、幹部がそのお金で良い生活をしているだけというところがほとんどです。

確かに信者の側にも責任があるのですが、管理人の近くにも名前は出しませんが、ある新興宗教の本部があります。何かイベントがあるときはかなりの人がその本部にやってきます。そもそも新興宗教にはまるような人というのは、自分の現在の何か困りごとや、もっと楽になりたいとか現世利益のみを求めている人がほとんどです。これって自分が良くなれば・・・という結局は個人のエゴです。夜その教団の前を通ると明かりの消えた建物の前(多分そこに教祖様の位牌でも祀ってあるのかもしれません)そこには鉄格子ではないですが、丈夫な鉄棒を横に巡らしたシャッターが下りています。

その前で、熱心に手を合わせ頭を下げて拝んでいる人を見かけます。そんなところ拝んだってなんの御利益もないと思うんですが、まあ、それも個人の自由ですから何とも言いませんが、人間って弱いものです。なので自分が窮地に追い込まれると、何かにすがりたくなるのでしょうね。そこにつけ込む新興宗教というのは何をか云わんという感じですが、その教祖様の家は高台の御殿のような家です。これを見て何も思わないというところは信者のバカさ加減だと思います。

そんな新興宗教などに頼らず、前記事でご紹介した矢国さんのようなサイトを見て、人間の真実、この宇宙の摂理を知って欲しいと思います。


ラベル:新興宗教
posted by Aregro at 11:29| Comment(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。