2014年04月27日

山本美香さんのこと

つい先日新聞を見ていたら、100歳の報道写真家笹本恒子さんの本の
紹介があって、その笹本さんで思い出した人がいました。

戦場ジャーナリストの山本美香さんの事です。
内線が激化しているシリアで戦闘に巻き込まれて亡くなられた山本美香さん、
もう忘れている人も多いかもしれませんが、本当に素晴らしい方だったんですね。
山本さんを知る人の書かれていることや、インタビュー記事も読んでみましたが、
皆さん口をそろえて言うことは、ジャーナリストとしても素晴らしかったけど、
美人でそのお人柄も穏やかでとても優しい人だったとか。

ある記者仲間の女性の言葉そのまま引用させてもらいますが、

「小柄で華奢(きゃしゃ)な体つき。言われなければ、
とても戦場ジャーナリストには見えなかった。
いつも穏やかで優しく、場を和ませてくれる。
ホンワカした綿菓子みたいな人でした。
でも、心の内には熱い思いを秘めていて、
芯の強さを感じさせる。本当に、凛とした人でした」


この人の言うことが山本さんのことを的確に表現していると思いました。
お写真を拝見してもその凛々しい美しさはわかりますが、こういう人って
結構きつい人が多いです。でも山本さんはとても優しい人とのこと。
それを聞いて思いました。ああ、山本さんってとても魂のステージの高い人
だったんだな・・・って。魂のステージって何?という人はスルーして
ください。わかりやすく言うと人間として進んだ人だったということです。

また、山本さんは男女の関係についても
「形式よりも、心から信頼しあえるパートナーの存在が重要」
とおっしゃっていたそうです。最近のネットの記事にありましたが
夫婦のうち妻の6割が夫にたいしては全然どうでもいいという関係とか。
夫の収入をあてにしているのでかろうじて夫婦でいるとか、そんな人が
多いと聞きます。世間体や生活のための形ばかりの夫婦が多いということ
なんでしょうかね。山本さんの男女の関係について言われた言葉も
こんな男女関係に一石を投じられる発言だと思いました。

お亡くなりになられたことはとても残念ですが、
今はあちらの世界ではしばらくのんびりと穏やかに過ごして
いらっしゃることと思います。



ラベル:山本美香
posted by Aregro at 13:55| Comment(0) | 生き方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。