2014年05月23日

人生で起きる事

人生で起きる事、楽しいこともあれば、つらい事、悲しいこと、腹が立つこと、人間のあらゆる感情を体験させるがごとく、色々なことが起こります。

でも、これって「すべては良きことのために起こっている」ことなんです。・・・とおっしゃっているのは山川紘也さんという人。この人世間一般から見たらどう見たって超エリート。東大法学部在学中に司法試験に合格し、国家公務員上級試験に合格し、キャリア官僚に・・・でも、あるきっかけから精神世界のことや人間の魂のことやそんなことに目覚めてしまいます。それで、今までのキャリアを捨ててまでそういうことにのめり込んでゆきます。今はそういう類の本の翻訳と言う仕事をされていますが、そういうことを始めた頃は周りの友人、知人からはかなり嘲笑と罵倒の集中砲火を浴びたようです。

この山川さん曰く、魂だの、あの世だの、輪廻転生などというとすぐに「宗教」と思う人がほとんどだとおっしゃっていましたが、こういうことは宗教とはまったくの別物です。私も思っていますが、宗教とは偏狭です。宗教ではないのです。スピリチュアルというのが的を得ているのですが、いかんせんこの言葉を使ってマスコミなどに出ている偽者もいますからね・・・この辺は本当に難しい。

心理学ではなく「真理学」とでも言えば良いのかも知れませんが、もちろん学問ではありません。実践です。

人生で起きる事は「すべて良きことのために起こっている」「こう思うようになってから、どんどん良い方向に向かうようになった」と山川さんはおっしゃっています。どんなことも魂を成長させるための体験・・・最近管理人の私もそう思うようになりました。

人生で起きる事、あまり深刻にならずに受け入れましょう。人生は1回ではないのです。もちろん、Aさんという肉体をお借りしての人生は1回ですが、本質は永遠です。山川さんも、以前から紹介している「矢作直樹」さんも同じ事をおっしゃっています。

・・・人は死なない。

ちょっと話が転回してしまいますが、楽しくお気楽というのはけっして悪いことではないのです。人間深刻になったからといって、問題は解決しません。深刻と真剣は違います。もっとリラックスして生きてゆくのが人生のコツだと思います。ストレスをためて悩んでしまうと見えるものも見えなくなってしまいます。リラックスして楽しんで、真剣に・・・ちょっと矛盾しているようですが、人は死なないということが直感で理解できるようになれば、これもそう難しいことではないような気がします。




ラベル:生き方 人生
posted by Aregro at 00:12| Comment(0) | 精神世界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。