2015年02月11日

私達の体はレンタル品

私達の体はレンタル品・・・・この言葉を言ったのは私ではありません。筑波大学の教授で高血圧の原因となる酵素「レニン」の遺伝子の解明をして世界的な注目を集めた村上和雄先生の言葉です。これ、なんだろう?って思う人も多いかもしれませんが、先生があの東大教授の矢作先生と対談した本の中の一文をほぼ全文引用させていただきました。

以下、引用です。

【・・・私が魂の存在に惹かれるのは、身体の想像を絶する入れ替わりのしくみを知り、考察したからです。細胞は毎日、ものすごい勢いで入れ替わっています。では、それらの細胞はどこから来ているのか?
その組成や発生の順番をひも解くと、細胞は私たちの毎日食べる食事から成り立つことがわかります。食物からさまざまな細胞ができるわけです。地球の無機物を植物が摂取し、それを動物が摂取し、さらに人間が摂取しています。つまり私たちが身体に持っている元素は、すべて地球の元素です。では、地球の元素はどこから来ているのかと言えば、もちろん宇宙から来ています。
 自分の体は自分のものだと思っているかもしれませんが、実は私たちの体はすべて借り物、要するに”レンタル”なのです。レンタルですので、期限が来れば返さねばなりません。これが「死ぬ」ということなのです。貸主は地球、宇宙、そして神です。・・・中略・・・それでは借主は誰でしょうか?
あなた?あなたというのを仮にあなたの体(肉体)と表現すると、体は60兆個の細胞でできており、それらは1年くらいでほとんど全部入れ替わりますから、そういう主体性のない存在に借りる権利はありません。
 では、心?そう思うかもしれませんが、そうではない。なせなら、心はしょっちゅう変わります。細胞と同じです。入れ替わるというか、心はその時の状況や感情でどんどん変化します。昨日の考え方は、今日にはありません。こんな不安定なものに体を貸せるわけがありません。
 すると、残っているのは魂しかありません。「三つ子の魂百までも」と言いますが、「三つ子の心百までも」とは言いません。心も体も日々、入れ替わっているからでうす。
 心は確かに私の一部ではありますが、毎日変わります。死ぬと、くやしい、さびしい、嬉しいといった心はなくなりますが、魂はなくなりません。こう言うと、死後世界の問題は医学や遺伝学とは何の関係もない、見当はずれだからよそでやれ、そもそも宗教学で議論せよとなるわけですが、よく考えてみてください。人間は心だけで動いているわけではないのです。
 潜在意識という、自分の意志(顕在意識)ではどうしようもないようなもので動いている時もあります。そういう状況を考えると、魂こそが本当の自分であり、それに対して神が体を貸しているというのが、私の中では正解です。】


魂の存在、人間の肉体は借り物・・・ということについて、納得の一文ですね。今は本当にこういう科学の世界の人達が魂の存在や、アナザーワールドの存在について、確信的な考えを述べてくれています。たくさんの人達がこのような人間の根源的な真理ともいえることを認識すれば、生きることも死ぬこともずっと楽になると思うのですが、いかがでしょうか・・・・・。


【関連する記事】
posted by Aregro at 00:28| Comment(0) | レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。