2015年02月22日

死の恐怖とアンチエイジング

前の記事で引用させていただいた、筑波大学の村上和雄先生の書いてらっしゃること、同じ本からまた引用させていただきます。以下、青文字の部分が引用文です。

・・・今の日本人は、死をもっとも恐れている民族のひとつだそうです。京都大学大学院のカール・ベッカー教授(人間・環境学研究科)と対談したことがありますが、最近の日本人は死というものを見たくない、できるだけ避けて恐れるそうです。五、六〇年前日本人はそうではなく、あの世を信じて死を自然なものとして受け止めていたのに、現代の日本人は死を異常なまでに恐れていると言うのです。

死という問題を解決しなければ、人間は幸せになれません。魂が永遠の命みたいなものであり、肉体的な命はなくなるんだけれども魂はずっと続く。そう考えると、死がそれほど怖いものではないと理解でき、少し不自由だけれども肉体というものを伴って現世に滞在し、時期がくれば元いた場所に帰って行くという仕組みが腑に落ちます。すると死は、そもそも問題視されるものではないとわかります。だから、少しチクッと言わせていただくと、巷で人気のアンチエイジングは無駄なのです。エイジング、つまり加齢という自然法則には勝てません。アンチエイジングは、きわめて不自然です。なせ、アンチなのかが理解できません。むしろ「見事に死ぬ」「どう老いるか」を論じるほうが、健康的で自然です。・・・


まったく先生のおっしゃるとおりで、人間、100歳まで仮に生きたとしても、20代の肉体でいられるわけではないのです。物質である肉体は必ず朽ち果てます。それが自然の摂理だと思います。先日NHKの「キッチンが走る」と云う番組で、新潟県の豪雪地帯、十日町に訪れて地元の人とのふれあいの場面が写っていましたが、その中である農家のおばあちゃん、とても元気そうですが年齢を聞いてビックリ!91歳とのこと。肌もつやつやしていて、腰も曲がってはいません。頭もしっかりしていて会話も普通にできるし、食事も皆さんと同じものを食べていました。柔和な笑顔がとても可愛らしいおばあちゃんでしたが、こういうのは自然のままでとても素晴らしいことです。ここの取材をした家庭の皆さんご近所の皆さん、食事の前に手を合わせていましたが、自然と感謝の気持ちで生きているのだと思います。アンチエイジングなんてしなくたって、自然と向き合い感謝の気持ちで生きている人達は、とても素晴らしいなと思いました。


posted by Aregro at 12:05| Comment(0) | 生き方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。