2015年06月13日

人生の目的とは

ラムサ・・・という高次の魂が、地球上の普通の女性を介して、話したことをまとめた【ラムサ・・・真・聖なる予言】という本の中の人生の目的とはという箇所に書いてあったことです。とても素晴らしことが書かれていますが、そのまま抜粋しておきます。皆さんはどう思いますか・・・・

以下・・・・・抜粋

自分のあるがままを愛する時、不可能なこと、手の届かないことは何もなくなる。自分を本当に愛するとき、人は笑いの光の中だけに生き、喜びの道だけを歩むようになる。自分に恋するとき、その光、そのまとまった力、幸福、底抜けの明るさ、その楽しそうな状態が全人類へと拡がっていくのだ。そしてあなたの驚くべき存在の内面に愛があふれるとき、いろいろ不快なことがあるこの世界が美しくなり、生きることは意味を持ち、よろこびにあふれた状態になり、そのよろこびは、あなたという存在のよろこびを通じて、すべての生命を高揚させ、その栄光をたたえ、あなたの存在が純粋であることを謳いあげるのである。
 自己への愛のため、自己を満たすために生きること以上に偉大な人生の目的はない。それを成し遂げるためには、人生に飛び込み、自分に幸せをもたらすことをすることだ。それによってのみ可能になる。たとえそれが何であってもである。それは間違っているとか、あなたのために良くない・・・などと誰が言えるのか?神はそんなことは絶対に言わない。神はあなたが向かっていくあらゆる方向そのものであり、あなたのすべての体験がもたらす結果でもあるからだ。他の人間にど思うか訊ねたりもしてはならない。あなたの人生を悩ませてきたのと同じ制限をもっているというのに、他人がよろこびについて何を知っているというのだ。
 父なる存在は、あなたがよろこびあふれる人間になるよう迫っているようなものだ。あなたが心を開いてそれを受け容れるのを、いつもそばで待っている。「求めよ、さらば与えられん」というのは、そういう意味なのである。いつの時にもよろこびを持つというのは、実は単純なことなのだ。あなたはそれに値することを知って欲しい。
 よろこびはよろこびを生む。「迫られている」よろこびを受け容れるとき、それはこれから訪れるあなたの将来の日々のよろこびをさらに高め、あなたの心を開いてもっと多くを受け容れられるようにしてくれる。だからこそ、いつの時も自分を愛することが絶対に必要なことなのだ。それができれば、これから先の自分の「ペース」が決まるのである。何が自分を幸せにするかを自分に訊ね、それが何であっても、自分のフィーリングが告げるままに実行することだ。自己への愛、そしてそのよろこびのために生きるとき、その陶酔と高揚の瞬間はすべてあなたの存在の魂に記録される。そして今度は、それがこれから先、さらに多くの幸福とよろこびの瞬間をつくり出していくのである。

・・・・・以上、抜粋
IMG_0241sd.jpg

引用図書
【ラムサ---真・聖なる予言】
著者:ラムサ
訳者:川瀬 勝
発行者:角川春樹
発行所:株式会社 角川春樹事務所


posted by Aregro at 19:03| Comment(0) | 精神世界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。