2016年12月08日

原発事故避難の子供へのいじめ

福島の原発事故で避難して来た子供に「菌」と言ったり、「賠償金ただで貰ったんだから、遊ぶ金もってこい」などといろいろないじめ受けていることが話題になっていますが、なぜこんな低劣なことが起きるのか・・・・・これもすべて子供だけの判断ではないと思いますね。いじめを始めた子の親の責任。親がそもそもこういったことに対して偏見を持っている上に、賠償金まで貰っていい思いしているなどと、愚劣なことを子供に話しているのだと思います。

どうしてこんなことで差別を受けなくてはならないのか?管理人の私にはまったく理解できない話ですが、現実には起きていることなんですよね。新潟に避難した小学生の担任教師まで避難してきた子供を「菌」などと呼ぶ・・・・・あまりにレベルの低い出来事で驚いています。しかもこの教師、冗談で言ったとかいろいろ言い訳をして往生際が悪い。こんな人間が、勉強だけではなく人間としての倫理や品格を教える小学生の教師をやっているということもあきれてしまいます。

今の世の中「お金」偏重、金のある人が勝ち組、ない人は負け組みなどという低レベルな発想、しかも日本人は農耕民族的観念がDNAに入っていて、大勢の人と違う人間は排斥する、差別する、この意識がこういったいじめを起こすのだと思います。いじめをしたくない子供もそこに加担しないと、今度は自分がいじめられる・・・そう思うと嫌でも仲間に加わる・・・全く負の連鎖です。こういった差別問題は昔からあるけれど、日本人の魂レベルも最近下がってきているような気がします。

こういうことで不登校になるのはいたし方ないと思います。そんなくだらない人間のいる学校など行かない方が身のためです。横浜でいじめにあった中学生は「死にたいと思ったけど、皆たくさん死んでいるのだから、自分は死なない」と決断しましたが、何と健気で勇気のある決断だったのかと感心します。人間のレベルは皆違います。それが今生での勉強でもあるんですが、個人が自分でわからないといじめ問題などなくならないと思います。子供をもつ親の方はもっと人間にとって大事なことは何か・・・と考えて欲しいですが、これも低いレベルの人は今生では無理だと思います。もちろん中には思い直す人もいるでしょう、少しでもそんな人が増えてくれたら良いなと思います。

ne.56-5.jpg
ラベル:いじめ
posted by Aregro at 12:33| Comment(0) | 話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月07日

初の裁判員裁判終わる

こんにちは。

裁判員による初の裁判が終了しましたね。

今回参加された裁判員の方々は皆さん、良識もあり
しっかりとされた方ばかりのようで、最初の裁判にしては
かなり良かったのではないかと思いました。

でも、昨日、知人とちょっとこの裁判員について
話をしていたんですが、選ばれた裁判員の人。自分の知っている
〇〇サンみたいな人がなったら、相当皆さん混乱されるんじゃ
ないかなぁ・・・見たいなことを言いました。

私にも思い当たるふしがあって、知人の〇〇さんが裁判員に
なったらどうするんだろう・・・って思いました。
この〇〇さん、もちろん悪人ではありませんが、とにかく
理屈屋。ああ言えば、こう言う。裁判員になんかなったら
裁判の進行が著しく遅れることが想定されます。
もちろんそうなれば裁判官から注意があるのではないかと思いますが、
こんな人や良識の無い人が集まったらものすごく混乱するのでは
ないかと思います。まあ、そうなれば裁判員として不適格として
裁判所から交替をさせられるのだと思いますが、今回は
そんなこともなく無事に終わり、ご苦労様でしたという感じです。

しかし、厳しい守秘義務が課せられている裁判員の方々、
これからが大変かなと思います。
posted by Aregro at 08:45| Comment(0) | 話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月23日

刑事一代

こんばんは。

管理人、普段はあまりテレビは見ないほうなんですが、

この(土)(日)はテレビ朝日のドラマ「刑事一代」を
見てしまいました。なかなか見ごたえのある良いドラマでしたね。
かなりの高視聴率だったようですが、やはりこういうドラマは
出演者の演技力がものをいいますね。

主役の渡辺謙の迫真の演技も素晴らしかったですが、
豪華な脇役陣の演技もなかなか良い出来でした。
印象に残ったのは吉伸ちゃん事件の犯人役をやった「萩原聖人」
ふてぶてしさと小心さを併せ持った犯人の性格を見事に
演じきっていましたね。

ここでちょっと出演の役者さんの寸評を。
----------------------------------------------------
「石崎隆二役の高橋克実」

この人はもともと演技派の俳優さんで、今度の役もぴったり
いい味を出してましたね。
----------------------------------------------------
「加山新蔵役の柴田恭兵」

この人、昔はワンパターンのアクション派しかできなかったけど、
最近は重厚な役もこなせるようになって、(しかもいつも良い人
の役で良い役回りです。)
なかなか味のある良い俳優になってきましたね。
個人的には昔から好きな俳優さんです。

-----------------------------------------------------
「森川八重子役の余貴美子」

管理人、この人の大ファンなんですが、いつも思うのはあまりに
演技が上手すぎて、逆にリアリティがなくなってしまうと感じる
くらい上手い人です。
以前NHKの某番組で素顔の余さんを見せていただきましたが、
とても可愛い魅力的な人でした。
(でも、大酒飲みだったなぁ)(笑)

他にも芸達者がたくさん出演していましたが、管理人の印象に残った
人のみ書いてみました。

ところで、劇中で死刑囚の「小原保」が死刑の執行を受けたことの
連絡を平塚八兵衛が受け取るシーンがあってその時、小原の八兵衛
あての最後の伝言が「まっとうな人間になって死んでゆきます。
茄子の漬物おいしゅうございました。ありがとうございました。」
というシーンがありました。
ここの部分は多分脚色はないと思いますが、
人間どんな悪人でも死ぬ前に真人間に戻ることがあると信じていた、
八兵衛の信念のようなものと重なってなかなか印象的なシーンでした。

しかし、すごい刑事がいたもんですね。
昇進試験を1回も受けずに警視にまでなったというのもすごいけど、
とにかくこれほど情熱を持って自分の仕事に打ち込める人という
のもすごいです。いやはや驚きました。
自戒の意味も含めて、今の人達は甘いなと思いました。

久々に感動的なドラマを観せてもらいました。
民放もやればできるじゃないですか・・・
と、また一言多い管理人であった。(~o~)


posted by Aregro at 00:16| Comment(0) | 話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月19日

タモリの人生の扉

今日「笑っていいとも増刊号」を見ていたら、

タモリとジュニアのフリートーク。

以前ちょっと書きましたがタモリが芸能界に入るきっかけ
となった話をしていました。

ピアニストの山下洋輔さんのエッセイにそのときの模様が
詳しく書かれていますが、タモリの口から直接聞いたのは
私も初めてでした。

あるジャズフェスが終わって、たまたま当時渡辺貞夫さんの
マネージャーの友人だったタモリがそのホテルに居合わせた
ようです。

タモリが翌日の仕事もあるので帰ろうとしたところ
たまたま山下洋輔トリオのメンバーがホテルの部屋の
前を通り、中でドンちゃん騒ぎをしているのを見つけて
ドアの鍵がかかっていなかったので闖入してしまったらしく、
その後延々とタモリも一緒になって珍芸を披露して山下さん達
に大いに受けたみたいです。

4時ごろまで一緒に騒ぎ会社員で仕事があるタモリはそのまま
帰ったみたいなんですが、その後山下さんが博多にすごく面白い奴が
いると言って、タモリを探してタモリと会ったというのですから、
山下さんの行動力と慧眼には驚かされますね。
山下さんがいなかったら、タモリがその日山下さん達のホテルの部屋
の扉を開けていなかったら、

「笑っていいとも」なんて番組はなかったかもしれないし、
今の芸能界の中にタモリはいなくて、また違った芸能界になって
いたかもしれません。

話の最後にタモリが「まさにあの扉はオレにとって人生の扉」
と言っていましたが、まさにその通りですね。

人生ってほんのささいなきっかけで大きく変わることが
あるようです。それを「運」と言うのでしょうか・・・・・

管理人、山下さんとは昔偶然に横須賀線の
電車の中でお会いして少し話しをしたことがあります。
山下さんは葉山の自宅へ帰るところだったのだと思います。
東京駅で電車が発車する前5分間くらいでしたが、
当時やっていた音楽からは想像もつかない折り目正しい
人でした。     


      


posted by Aregro at 13:10| Comment(0) | 話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月14日

レッドクリフ

昨日、テレビの洋画劇場で話題の映画「レッドクリフ」を
見てしまいました。三国志というとどうしても気になるほどの
三国志ファンなので、「赤壁の戦い」にスポットを当てた
映画。どうかなぁ・・・と思って観ましたが、
う〜ん・・・・今ひとつしっくりこない。
さすがに戦闘シーンなどはなかなか迫力があって
良かったですけどね。

原因は中国人の俳優にあるような気がします。日本人には
あまり馴染みのない俳優だからでしょうか、なんかミスキャスト
という気がしました。

全員日本の俳優さんを使ってやったらどうかなぁ・・・・
自分がプロデューサーだったら誰を起用するかなどと
想像してみました。

曹操・・・・・・真田広之
夏口惇・・・・・舘ひろし
劉備・・・・・・佐藤浩一
関羽・・・・・・阿部寛
張飛・・・・・・パパイヤ鈴木
趙雲・・・・・・村上弘明でもよい
孔明・・・・・・村上弘明
孫権・・・・・・
周愉・・・・・・本木雅弘

いざ考えると結構難しいですね。

今度フルキャストを考えてみますかね。

あんた、暇だねって?

ハハハ、そうかも(~o~)
     


posted by Aregro at 00:48| Comment(0) | 話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする