2017年12月23日

今日Fさんが来てくれました。

今日予定どおり、Fさんがご夫婦で来てくれました。ちょっと遠いけど車なら1時間半で来れるそうです。楽しかったです。ウチの妻がサラダとかちょっとだけ用意してFさんがお鮨を買ってきてくれて、うちもパンを買って皆で楽しく食べました。Fさんはだいぶ白髪にはなったけど剥げていないです。私だけが剥げてるかも(笑)Fさんの奥さんもとても60代には見えません。綺麗だし、背も高いしまだ40代後半くらいに見えます。

皆、知っているので楽しく話しをしました。本当にこういうのは気分転換になります。Fさんは大きなお花やちゃんとしたお菓子も持って来てくれました。楽しい時間だったのであっと言う間に時間が過ぎました。ちょっと遠いので早く帰りましたが、また来てくれると言って帰られました。本当にありがとうございました。
楽しかったです。

ne.203-1sd.jpg
posted by Aregro at 21:55| Comment(0) | 話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月18日

12月23日にFさんが来てくれます。

この前Fさんの奥さんから電話がありました。その後Fさんからも電話があり、今月の23日に来てくれるそうです。Fさんは私が最初に就職した会社の先輩です。いろいろ教えてもらい一番私が好きだった人です。奥さんは私と同期に入った人で、とても可愛い人でした。

Fさんは忙しい人なので、今回は天皇誕生日なので休めて来れるそうです。忙しい人なのにわざわざ家まで来てくれるというのは、本当にありがたいです。ウチの女房も知っているし、皆知っているので楽しいかなと思います。Fさんの奥さんは最初はお嬢さんでしたが、今は介護の仕事をやっているみたいです。偉いですよね。24日は父親の49日なのでちょうど良かったです。

2017_05_07 鏡湖 EOS (9)ps_sd.jpg
posted by Aregro at 11:23| Comment(0) | 話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月07日

人の思いはいろいろ・・・・・

人間って良い人もいれば悪い人もいます。犯罪を犯さないまでも、一見善人のようなふりをしていても、他人に対していやがらせをしたりする人もたくさんいます。こういう人達は魂レベルの低い人達です。しかもこういう人達は以前にも書いたいじめられて死んだ女の子のことにも書きましたが、妬みや嫉みという心があるのです。良い人は過去の事ではなく現在のことを見て判断してくれます。

自分より良い生活をしてる人や、自分ができないことや、自分がわからないことを書いていたりする人にいやがらせをする人がたくさんいます。一見善人のようにふるまっていても、奥の悪い心が出てくるのです。こういう人はたくさんいます。こういう人は自分が死んでからどこへ行くのかわかっていません。かつて私もそうでしたが、ただ私は人に対していやがらせなどはしたことがありません。こんなことをする人は卑怯で見苦しい人だと思います。だからと言うわけではないですが、私の友達は皆さん良い人達ばかりです。

だいたい魂レベルの同じ人と知り合い友達になるのです。人に嫌がらせをするような魂レベルの低い人たちは自分が死んでからどこへいくかわかっていません。死んでからのほうが大変だということが分かっていないんですね。私も昔はそうでしたが、ヨガナンダさんや魂レベルの高い人達の本を読んだりして、わかるようになりました。宗教とは違います。宗教はやはり人間が作ったものなのです。だから宗教でも争い事が起こります。人間でいるときに悪いことをした人は死んでから最下層に行きます。ここはとても辛い所です。人の行うことはすべて平等です。悪いことをしたひとは悪い所へ、良いことをした人は上のおだやかな所へ行けます。生きている間はわからないですけどね。

人間でいるときは利他的な良いことをした人は上に行けます。人間は悪い心があるので人との争い事から戦争にまでなってしまうのです。利他的な行為をした人は上の階層に行けます。死んだら終わりだと思っている人が多いですが、そうではありません。このへんは分かっていない人がたくさんいます。こういう人は自分が死んだこともわからないようです。人間はずっと旅を続けるのです。

今回書いたことと関係ないですが、丹沢の表尾根の写真です。富士山も綺麗でしたが山並みもとても綺麗でした。やっぱり自然は美しいですね。
Ne.8 丹沢表尾根 (17)ps.jpg
posted by Aregro at 11:07| Comment(0) | 生き方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月21日

父親が亡くなりました

父親が今年の11月14日に亡くなりました。93歳でした。今年から要介護になっていましたが、ちょうど弟が朝おかしいと気が付きすぐにお医者さんと看護師さんが来てくれたそうですが、「後1時間くらいで死ぬかもしれません」と言ったそうですが、そのとおりに亡くなりました。もう93歳だし、苦しまなくて死ねたので良かったと思います。

いろいろな手続きは弟がほとんどやってくれました。兄貴は父親が死んだ日にすぐ来てくれて、私も妻と一緒に夕方には行きました。ただ斎場が混んでいて18日に通夜19日に告別式となりました。家族葬にしましたが、父親と親しくしていた建設会社の社長ご夫婦や従兄弟も子供を連れて皆来てくれました。兄貴の子供も二人とも来てくれましたが、上の女の子は昔と変わらずもう40に近いのに若くてとても美人で可愛い子です。下の子も男の子ですが背が高くとてもいい男になっていました。

父親の弟の息子も今は自分で作った建設会社の社長をやっていて貫禄のある良い男になっています。従兄弟もその子供も皆良い人達で、食事の時に私がALSになった事を言ったら皆心配してくれました。その父の弟の息子のOO君の妹でOOちゃんと言っていて子供の頃から知っていて可愛い子でしたが、まだ病名は確定していないみたいですが、ちょっとまずい病気になっているので来ることができませんでした。もう55歳になったみたいです。弟の仕事をしている所も家族同様で私も良く知っていますが、ご夫婦ともとても良い方です。奥さんとは皆で山スキーに行ったこともあります。

そんなこんなでとても良い通夜と告別式でしたが、兄貴が20年前父親と母親をハワイに連れて行ったことがあります。その時の写真が父親の写真に飾られていました。その写真ですが父母と兄貴が写っています。父親も73歳にしては若いですよね。
IMG_20171114_165554ps_sd.jpg

この写真は葬式場の家族葬の写真です。
IMG_20171118_173250ps_sd.jpg
posted by Aregro at 12:54| Comment(0) | おしらせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月17日

ALSと言う病気になってしまいました。

去年の10月頃ですが、なぜか腕を外側に力を入れるとちょっと違和感があり、力が入りにくくなりました。ネット関係の仕事をしていたので自分でいろいろ調べました。それがどうもやばい病気だとなんとなくわかってきました。ネット関係の仕事をしていたので運動不足を解消するために、腕立て伏せを10回、12キロのダンベルを8回頭の上に上げたり、ダンベルを腕にあげたりしていましたが、1月には何もできなくなりました。

あきらめて今年の2月に横浜市大病院に検査入院しました。2月の末に病名が判明しました。やっぱりALS「筋萎縮性側索硬化症」という難病だと確定しました。もちろんその時は妻も来てくださいというので一緒に聞きました。医者が言うには現在は治療方はありませんと言うことでした。私も妻も冷静に聞いていたので、医者には褒められました。この病気が確定しただけでどこかへ行ってしまったり、奥さんが泣いたりする人も多いと言っていました。市大病院には2ヶ月に一回くらい行っていますが、話しをするだけです。

まあ、人間はいろいろなことが起こるし、こんな病気になったのも前世のカルマが原因かもしれません。人間は必ず死ぬし、人間はいろいろなことが起きるので(ある意味生まれる前に知っていることもあります。もちろん生きてこの世に来てからはそのことは忘れるようになっています。)受け止めなければいけません。

東京医科大学病院というところで、この病気の治験に参加することができましたが、いつも聞かれるのが自殺願望の事です。50項目くらいあるのですが、自殺願望の人はかなりいるみたいです。このサイトにも何度か書いていますが「自殺」は自分の人生を放棄してしまうので、死んでから良い所へはいけません。もちろん他人に対して悪いことをした人も良い所へはいけません。

具体的な話ですが、この治験8月から始まっていますが、どうも私に処方してくれている薬はプラセボ(偽薬)のような気がします。3割の人がプラセボ処方になるようです。東大の郭先生という人が何年か実験してこの薬を治験にすることができたのですが、8oも飲んでいるのに全然副作用がありませんでした。この薬相当な副作用がある薬なのです。なぜプラセボなどをこんな難病なのに処方するのかわかりませんが、現在はこういう決め事であるようです。医者も誰がプラセボを飲んでいるかわからないようになっています。

症状も進行してるし、ネットで探して東京の個人のクリニックで本物を処方してくれる所が見つかったので、保険は効きませんが4o処方してもらっています。6o飲んだ時には家の中で倒れました。ただ、薬が効かないので最近は6o処方してもらっています。起きればなんとか大丈夫です。まだ本物を飲み始めて3ヶ月なので全然進行も止まりませんが、まだ薬の効果はわからないと言ってよいかもしれません。この病気は2〜3年で呼吸筋がやられて死亡するみたいですけど、今は人工呼吸器などもありますが、私は仮にそうなっても人工呼吸器などは付けたくないですね。

まだ東京医科大学病院には行っていますが、郭先生もいつもいます。担当の医師も良い人だし、看護師さんも美人で感じの良い人です。だからいける間は行こうかなと思っています。ただ、1ヶ月前くらいは10,000歩くらい歩いても全然平気でしたが、4、5日前15分ほど歩いたら上半身が曲がってきて歩きにくくなりました。まだ脚は平気なんですが上半身の筋肉が無くなっているからだと思います。車の運転も妻はもう止めたほうがいいと言っています。その辺は自分の判断ですね。

この本物の薬で進行が止まれば何よりだと思っています。

topimg_02.jpg

ラベル:ALS
posted by Aregro at 17:11| Comment(0) | 生き方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする