2016年02月09日

こんな記事をみつけました

posted by Aregro at 15:40| Comment(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月04日

言葉の魔力

新年を迎えて心も一新、と思える人は良いですね。

ところで、私たちが何気なしに使っている言葉、もちろん自分が話していることや書いていること、考えていることです。これ、わりあい皆さん不用意にどうでも良い使い方をしている人が多いですね。悪い例は、乱暴な言葉、人を傷つけるような言葉、この乱暴な言葉ですが、たとえば、「このやろー」とか「なめんなよ」とか、もっとひどい言葉に「死ね」とかネットに書き込まれている場合もありますよね。こういう悪いこ言葉、実はその言葉を発している人間をそういう悪い感情の人物に仕立て上げてしまいます。

なので、暴力を振るう時に「ありがとうございます」と言って暴力を振るう人はまずいないでしょう。死ね!などと云う人は、自分に死ねと言っているようなものです。言葉はその人の感情や心の裡まで変えてしまいます。なので普段から思いやりのある言葉を発している人は本当にそういう人になれるのです。だから、不用意に乱暴な言葉を使うのは止めましょう。自分も貶めてしまいますよ。

070420~22 006.jpg
ラベル:言葉 ことば
posted by Aregro at 17:03| Comment(0) | 言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月13日

他人に頼る人生

ネットを見ていてもよく出てくるのが占いや占星術(これも占いの一種ですけどね)など、皆さん、こういうものにすごく頼っている人がすごく多いですよね。占いだけではないんですが、宗教や易経、タロットカード、霊媒師や霊能者、こういうものに頼る人けっこう多いですが、これらは皆結果を云々しています。しかも自分の人生を他人に委ねていることになるんです。

思考は現実化する・・・という言葉がありますが、これは真理です。自分の人生を占いなどに頼ったらその占いのとおりになってしまいます。自分の人生は自分で思考しましょう。どんなことでも良いので他人に良いことを与えて自分はポジティブな想念で生きる・・・・こうすれば、きっと、素敵な人生を自分で作ることができると思います。

IMG_0179sd.jpg
posted by Aregro at 12:57| Comment(0) | 生き方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月06日

自分の思いが自分の世界を作る

自分の周りを取り巻く世界、自分の人生、たいていの人は、どうして思いどおりにならないのだろう?嫌なことや嫌な人物ばかりに出会う・・・・そんなふうに思っていませんか?実はこれ、自分が作っていることなのです。自分のネガティブな思いはネガティブな状況を招き寄せます。だから、他人を批判したり、他人を恨んだり、他人を妬んだり、他人を貶めたり、そんなことをする人は自分もそういう人生に陥ります。

自分の思いが自分の人生を作るのです。だから、ただ単にいつも明るい気持ちでいるだけで、周囲も良くなります。極端な話しになりますが、イスラム過激派組織のISの人達、この人達は多分自分以外の人間は皆「敵」だと思っているのだと思います。自分たちの思いがあのような過激で陰惨なことを生み出していることに気づいていないのです。

確かに人間はポジティブなことよりネガティブなことのほうが考えやすいという性質を持っています。でも、この悪い習慣を変えることにより自分の周りの変わっていくことが確実にわかります。これは物理学の世界でも実証されているのです。ある本からの引用です。

・・・量子物理学によれば、物質は原子からできています。この原子は、原子よりさらに小さい素粒子が雲のように集まってできています。素粒子とは、実際にはエネルギーの波であり、その存在は粒子加速器内に残った痕跡から実証されるだけです。そして、一番興味深いことは、このエネルギーの波は、観測される時にだけ量子になる(その時、その場所だけに限定される出来事である)ということでしょう。
 言い換えれば、宇宙全体を構成するエネルギーの波は、観測される時にだけ量子として存在するということなのです。つまり私たちが物理的な世界と呼ぶものすべては、「見る人次第だ」ということを意味しているのです。
・・・引用ここまで

これはどういうことかと云うと、人間の意識がこの場で起きている事を作り上げているということなのです。自分の思いが自分の周りの世界を作っているということです。ですから人のために良いことをすれば、自分にも良いことが返ってきます。人の嫌がることや悪いことをすれば、これも自分に返ってきます。自分の思いが自分の人生や世界を作っている・・・ということを忘れないようにしましょう。
IMG_0865sd.jpg
ラベル:生き方
posted by Aregro at 01:42| Comment(0) | 生き方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月14日

エゴに支配されている私たち

当サイトでも度々お名前の出ている山川紘矢さんの書かれた本の中にとても良い一説がありました。原文の引用で恐縮ですが、ご紹介しておきます。本当に山川さんのおっしゃるとおり人間ってエゴの塊りです。これがあらゆる争いの元でもあり、格差社会の原因でもあるのです。以下原文そのまま引用させていただきました。

・・・・・以下原文引用

「いつも人に勝ちたい」
「自分が正しい、あいつらは間違っている」
「あいつらはけしからん」
「戦争してお国のために命を捨てるのは名誉なことだ」
「自分だけ良ければいいのだ」と考えている人もいるでしょう。
「自分は今のままでは完全ではない」
「ありのままの自分なんて受け入れられない」
みんなある意味で自分が正しいと必死で頑張っているのです。しかし、本当の意味では自分が何をしているのかをよく知りません。攻撃的な人は被害者意識が強く、心に傷を持っていますが、そのことに自分では気が付いていません。自分には見えないのです。イライラしている人は、自分がどうしてイライラしているのかを知らないのです。いつもイライラしてきたので、それが普通の事だと思っているのです。
厳しい世界を生き抜いている人は、平和な心がどんなものか、忘れているのです。妻子を養っていくために本当に、毎日、精一杯にいきているのです。
エゴが見えていないときは、エゴがあなたを乗っ取っています。多くの人はエゴと自分が一体化しています。ある意味ではエゴのなすがままです。生きるために不正をしたり、人を騙したりしなければならないと信じ込んでいる人だっているかもしれません。

エゴはいつも物事を恐れから決めています。
よく自分を見てみましょう。

自分の中に恐れがありますか?
負けることは嫌いですか?
お金を失うことは怖いですか?
病気が怖いですか?

誰もが死にます。死ぬときは誰もが降参(サレンダー)しなければなりません。そうなっているからです。いくら怖がっても死ぬときは死ぬでしょう。でも、本当の意味では死はありません。苦しみがあるのはエゴで生きているからです。危険、不安、失敗、恐れ、悲しみ、恥、はみんなエゴが物事をそう解釈しているだけなのです。
・・・・・引用ここまで。

エゴに支配されているがために、人は誰かの優位に立ちたい、自分よりあいつは劣っている、なんであんな奴が俺より広い知識があるんだ・・・・あいつの弱みを握ったから、皆に知らしめて貶めてやろう・・・・こういう気持ちはすべてエゴのなす仕業です。エゴを失くすには自分の価値を認めましょう。どんなに劣っている人と思われている、また自分で思っている人でも、生きている意味はあるのです。世間一般でも経済的なことや結婚や家庭、社会的な地位などあらゆるものに勝ち組負け組などという優劣をマスコミなども平気で表現しています。自分の存在価値を見つけて、他人の利点も認めることができれば、皆平等に助け合って生きられると思うのですが・・・・・。
posted by Aregro at 22:29| Comment(0) | 生き方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。